ママさん看護師向きの看護師求人

病院内の託児所がある病院で働きたい

小さなお子さんを育てながら、看護師の仕事をしている「ママさん看護師」の一日は本当に大変です。朝早くから起きて家族の朝食を作り、身支度を整えて子どもを連れて保育園へ。それから職場へ直行。仕事が終わるとすぐに保育園で子どものお迎え。家に帰ってもゆっくりする暇もなく家族の夕食作りと休む暇さえありません。そんなママさん看護師にとって心強いもの、それが「職場内に託児所がある」環境なのです。院内託児所の費用が... >>詳細

日勤のみで働きたい

看護師の給与が高いのは、夜勤や休日出勤に対する手当が支給されるからです。たくさんの給与が欲しいと思うのは自然なことですが、小さなお子さんを育てながら働いている看護師は、給与額よりも自由になる時間が欲しいと思うものです。そのため、ママさん看護師の中には「日勤」という勤務形態を選択する方がたくさんいます。朝8時から夕方5時までの勤務が一般的で、夜勤はありません。夜間はお子さんと一緒にいられるのがメリッ... >>詳細

母子寮完備の病院で働きたい

医療機関が職員を採用する際に、福利厚生の一環として各種寮を提供していることがあります。寮は大きく分けて3種類。独身寮・家族寮・母子寮。中でもシングルマザーの心強い味方が「母子寮」親子ですむことができ、毎月の家賃も2~5万円と格安です。民間のアパートを借りようとすればさらに費用がかさみますし、入居時の審査や保証人の関係でスムーズに部屋が借りられないことも…。職場が斡旋してくれる部屋なら安心です。おし... >>詳細

産休・育児休暇からの復職について

看護師不足は大阪だけに限ったことではありません。看護師不足は今や全国的な問題となっています。そのため結婚や出産・育児休暇を経て、医療の現場に復帰したいと望むママさん看護師は引っ張りだこ!引く手あまたです。けれども一番心配なことは、スムーズに職場に復帰できるかどうか?数年のブランクは思いのほか大きいもの。当時はなかった最新式の医療機器や新薬に戸惑うことも…。復帰に向けて事前に勉強ができればベストです... >>詳細

病児保育ありの病院で働きたい

子どもが急に熱をだした、下痢がひどい、発疹がでた。小さな子どものうちは特に、急に病気にかかることが多いもの。けれども子どもの看護で簡単に仕事を休むわけにはいきません。こんな時「病児保育」と呼ばれる、病気の子どもを専門に預かってくれる施設があります。一般の保育園や幼稚園では、熱が37.5℃以上になると自宅での保育を指示されますので、病気の子どもを預かってくれる施設は、働くママにとっては心強いものです... >>詳細

24時間託児所がある病院で働きたい

小さなお子さんの面倒を見ながら働くことは、想像以上の激務です。1人でも大変なのに、これが2人、3人になったら…。毎日保育園へ送り迎えをするだけでも大変です。しかも職場と保育園の距離が遠い、なんてことになったら、もう送迎だけでヘトヘト。さらに保育園も好きな時に預かってはくれません。待機児童のまま数か月、下手をすれば1年、2年と待たされる可能性だってあるのです。これではいつまで経っても仕事には行けませ... >>詳細

小学生以上の子供がいるなら家チカ求人を探そう

一般的に「働く」ためには家の外に出る必要があります。出掛けるまでに身支度を整え、お化粧をして電車に乗る、または車を運転する、歩く。これらにかかる時間はアイドルタイム。毎日毎日通勤に1時間、2時間の時間をかけても、それが実際の給与に反映されることは絶対にありません。通勤手当という形で支払われるだけです。だから、出勤にかかる時間が短いほど有利なのです。駅チカ、無料駐車場ありの職場も狙い目家チカ求人を探... >>詳細